英文

2013年5月30日 (木)

Making the United States Competitive

米国を競争的にする(ハーバード競争プロジェクト)

http://harvardmagazine.com/2013/05/competitiveness-conference

賃金は不景気で、何百万人もの人は職がなく、政府の巨額の負債は拡大し、政府は分裂し、熟練労働者が不足している。

米国企業は国際的に競争できるが、それらは米国の労働者の生活水準の向上につながっていない。
双方を行わないと経済は競争的とはならない。
(マイケルポーター)

米国企業は大丈夫だが、米国という場所は大丈夫ではない。
(マイケルポーター)

2008年の金融危機より前の2000年から雇用と賃金の成長は鈍化しており、それは米国経済の問題が周期的なものではなく、構造的なものであることを示している。
(マイケルポーター)

特別の懸念があるのは、国際的競争に晒される経済のセグメントである。
アップルが適例であるが、これらの企業は収益をあげているが、その成功は米国の労働者にはほとんど関係ない。
米国のトップの富裕層はより金持ちになるが、中間層の実質賃金は1980年から変わっていない。
働ける国民の65%しか実際に働けていない。
(マイケルポーター)

米国の高度教育システムの失敗⇒
雇用者は、中間レベルの熟練者・・・機械工、熟練の建設作業員、企業のファンド会計担当等・・・を見つけることができない。
but
今変わっている。
例えば、Bunker Hill Community College (BHCC)は、地元の企業と協力して「学びと稼ぎ」プログラムを提供しており、他のコミュニティーカレッジを巻き込むことを希望している。

「Mandated spending on interest and entitlement programs」が支出の60%を占め、競争力にとって需要な経済分野への公的投資・・・健康と技術研究、交通インフラ、そして高校終了までの教育・・・がなされていない。

「コモンズ」・・・インフラ、明確な租税と規制、熟練した労働力へのアクセス・・・は集合的に創設されビジネスの繁栄に不可欠であるが、米国は最も重要な「コモンズ」を創造も維持もしていない。

すべきことはたくさんある。
・ワシントンでの租税及び移民改革。
・矯正スキルトレーニングとコミュニティーカレッジと地域を結びつける教育プログラム
・連邦政府でのより正確な会計

ハーバードとMITを含む、ボストン地域の5つの大学によって資金提供されている9500万ドルの施設であり、1つの学校では創造できない容量のコンピューターを提供する、Massachusetts Green High Performance Computing Center in Holyoke のように、プロジェクトでのビジネスと大学の連携は重要。

刺激策により経済を促進するか財務バランスを改善するため政府の出損を削減するかについての、ワシントンでの左派と右派の対立はよくない。
双方をする必要がある。

マイケルポーターはいわゆる“march on Washington” を計画する。
これまでとは違う方法で行進することが大切。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

Why Do Highly Capable Women Not Always Realize Their Workforce Potential?

Why Do Highly Capable Women Not Always Realize Their Workforce Potential?
非常に有能や女性が必ずしも職場でその潜在能力を実現しないのはなぜか?

http://www.gsb.stanford.edu/news/research/mandy-oneill-why-highly-capable-women-not-always-realize-their-workforce-potential?utm_source=Twitter&utm_medium=Tweet&utm_campaign=ONeill

ビジネススクール卒業後の調査で、4年目では女性は男性と同様に稼いでいたが、8年目では女性は男性に後れをとっていた。

仕事に費やす時間が、女性は(同じ数の子供がいる)男性よりも少なかった。

組織の多くは昇進ステップをトーナメントとして構築する。
そこでは、報酬が生産性に比例するのではなく、トーナメントの勝者が報酬と昇進を総取りする。
従業員の成功は組織での競争に依拠し、トーナメントは熾烈な競争を生み出す。

学校を卒業する就職時では、「生の潜在能力」が意味をなすが、昇進を経て多くの従業員がふるいにかけられると、能力が同じレベルの者が残る。
そこでは「努力」と「投入時間」がものを言う。
トーナメントの後半ステージでは、ハードな労働と犠牲が大きな違いをもたらす。

何故女性は男性より少ない時間しか働かないのか?
女性は、家事と育児を男性の2倍行う。
時間はゼロサムゲーム⇒家事や育児に費やす時間は、昇進のための時間とはならない。

女性の出産に適した時期が、昇進のピーク時期と一致する。

女性は、家庭での責任を、昇進競争から退場する言い訳にする。
(男性には、そのような言い訳は使えない。)

人生を全体として見ることで、男性も女性も利益を得る。
成功の定義を(昇進や収入だけでなく)、全体としての幸せや健康を含めたものに広げる必要がある。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

Stop Listening to Your Customers

http://blogs.hbr.org/cs/2013/01/stop_listening_to_your_custome.html

①人は自分が何に判断を左右されるかを自覚していない。
②判断の後ですら、その判断を左右した原因を自覚しない。

顧客に「何故その判断をしたのか」を聞くのは無意味。
顧客に「尋ねる」のではなく、実際に何をするのかを「観察」すべき。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

The Generosity Strategies that Help Companies Grow

http://blogs.hbr.org/cs/2013/05/netflix_reported_another_great.html?utm_source=Socialflow&utm_medium=Tweet&utm_campaign=Socialflow

気前のいい戦略は企業の成長を助ける

素晴らしい製品・サービスを少し経験してもらうことで、顧客は自分の製品・サービスを選んでくれる。

「価値=恩恵>価格>費用」の場合、寛大さは成長を助ける。

①顧客が意味を感じることを低コストで提供する。
(銀行での無料両替機の提供⇒新規口座の獲得)
.
②高インパクト・低コストマーケティングとしての試供品の提供
(サンプル提供時の売上の増大)

③戦略的情報と交換にベネフィットを提供する
(多くの無料保証プログラム)

④継続価値に賭ける
(1回の取引では損をしても、寛容さはロイヤルティと継続価値に大きなインパクトをもつ。)

寛容さはNetflixのブランドとビジネスモデルの隅々にまで浸透している。

generosity(寛容さ)の語源は、genesis(起源・創始)、genius(非凡な創造的才能)、generate(生み出す)と同じ。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

Great Innovators Think Laterally

http://blogs.hbr.org/cs/2013/04/great_innovators_think_lateral.html?utm_source=Socialflow&utm_medium=Tweet&utm_campaign=Socialflow

偉大なイノベーターは水平に考える。

イノベーションは「無」からは生まれない。

パターン1:「A」と「Aでない」から「B」を生み出す。

①テーゼ(馬と馬車)、②アンチテーゼ(馬なし馬車)、③統合(車)

カテゴリー内で深化させると同時に、カテゴリーを超えてイメージする。

ex.飛行機からロケットへの変化。

 

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

To be Authentic, Look Beyond Yourself

http://blogs.hbr.org/cs/2013/04/to_be_authentic_look_beyond_yo.html?utm_campaign=Socialflow&utm_source=Socialflow&utm_medium=Tweet

信頼は他者との関係であり、信頼を得るには、自分自身に忠実であることでは不十分。自分自身を超えて見る必要がある。

信頼を得るには、①視点をもつ、②立場を明確にして率直に行動する、③自分の個人的な歴史を振り返ることが有意義である。

 

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

自分も撃たれた米国の議員による意見(英文)。

A Senate in the Gun Lobby’s Grip

http://www.nytimes.com/2013/04/18/opinion/a-senate-in-the-gun-lobbys-grip.html?_r=1&

自分も撃たれた議員による意見(英文)。

米国における、NRA(ナショナルライフル協会)による多額の寄付やロビー活動の下、口先では犠牲者への同情を示しながら、銃規制に賛成できない議員達。
民主主義では力のある者が守られる。

http://www.simpral.com/hanreijihou2013zenhan.html

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

最も幸せな人たちは、最も困難な問題を追求する(英文ブログの紹介)。

The Happiest People Pursue the Most Difficult Problems

http://blogs.hbr.org/kanter/2013/04/to-find-happiness-at-work-tap.html?utm_source=Socialflow&utm_medium=Tweet&utm_campaign=Socialflow

最も幸せな人たちは、最も困難な問題を追求する。

「幸せ」は違いを作りだしているという感覚からくる。

高度に革新的な企業におけるモチベーションの源泉は、①卓越(Mastery)、②仲間意識(Membership)、③意味(Meaning)の3つ。

結果に関心をもてば鼓舞される。

南アフリカのベンツの例:
刑務所から釈放されたばかりのネルソンマンデラの車を作るとという意識が、生産性と品質を格段にアップさせた。

退屈な機械的な仕事に我慢していきた人たちが、関心をもつ事のために飛躍して行動する。

心をねじるような経験(剥奪、貧困、生死の問題)は、人間関係を生み出す。

たじろがせるような挑戦はしばしば士気をくじく。

結果は直線的には現れない。
結果がでるには、ハードワークの長い日々が累積が必要となる。
(学校についていけない子供たちへの支援活動の例 ツイッターの#makebetterhappen で情情報がアップされている)

「目的」はリーダーシップの中核であり、人々は目的と情熱をもつべきである。

全ての人が、その仕事環境にかかわらず、世界を変える1つの側面に責任感をもつべき。
あたかも2つの仕事を持つ・・・①現在の仕事と②違いをつくりだすチャンス。

http://www.simpral.com/hanreijihou2013zenhan.html

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何故 Kagame 大統領がルワンダをビジネスのように統治するのか(英文ブログの紹介)。

Why President Kagame Runs Rwanda Like a Business

http://blogs.hbr.org/fox/2013/04/why-president-kagame-runs-rwanda.html?utm_source=Socialflow&utm_medium=Tweet&utm_campaign=Socialflow


マイケルポーター等のアドバイスの下、ルワンダをビジネスのように統治し成功しているKagame大統領を紹介。

既存の産業(ルワンダの場合、コーヒー、お茶、観光産業)からスタートし、次にそれに関連する分野(ロジスティクス、インフラ、IT)を成長させる。

エネルギーインフラや人的資源の向上が重要。
(競争力があり、仕事を生み出し、利益をだす)活気ある民間部門がキーになる。

1つのことから始め、良い結果をだせば、挑戦するインセンティブになる。

IT分野と金融サービスはルワンダにとって純粋な機会になる。
ITは、ヘルスケア、教育、金融サービスとつながり始めている。

国民の意識の変化も重要。
商売をするのに顧客の民族や宗教は大事ではない。
重要なのは「顧客」。

http://www.simpral.com/hanreijihou2013zenhan.html

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

| | コメント (0) | トラックバック (0)