民事訴訟

2012年10月 4日 (木)

訴訟判決の既判力

訴訟判決に生じる既判力を、本案判決に生じる既判力と同様に考えれば、同一訴訟物について再び訴えを提起するためには、前訴の口頭弁論終結後に生じた事由によって、後訴の適法性を基礎づけなければならない。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪シンプラル法律事務所弁護士川村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)