« 国税の担保として提供された不動産の公売公告の取消訴訟係属中に売却決定⇒訴えの利益(肯定) | トップページ | 地方公共団体が出資した会社の株主総会での議決権の行使は住民訴訟の対象とならないとされた事例 »

2017年5月 1日 (月)

「ネットワーク社会」

100年以上、先進国は確実に従業員組織社会に移行してきた。今日、米国を先頭に、先進国は、組織とそのために働く個人の関係、そして異なる組織間の関係に関し、急速に「ネットワーク社会」に移行している。

米国の労働者のほとんどの成人は、組織のために働く。しかし、ますます、彼らはその組織の従業員でなくなる。彼らは、契約者、パートタイマー、臨時雇いである。そして、組織間の関係は組織とそのために働く人々の関係と同じくらい急速に変わっている。最も目に見える例は、会社、病院、あるいは政府組織が、ある活動全体をその種の仕事に専門化した独立の会社に委譲する「アウトソーシング」である。より重要なのは、アライアンス(協力)へのトレンドである。個々の専門家と幹部は、自分自身の配置に責任があることを、学ばなくてはならなくなる。それは、とりわけ、彼らがその強みを知り、販売される「製品」とみなくてはならないことを意味する。

ソース:The Daily Drucker 2 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 国税の担保として提供された不動産の公売公告の取消訴訟係属中に売却決定⇒訴えの利益(肯定) | トップページ | 地方公共団体が出資した会社の株主総会での議決権の行使は住民訴訟の対象とならないとされた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ネットワーク社会」:

« 国税の担保として提供された不動産の公売公告の取消訴訟係属中に売却決定⇒訴えの利益(肯定) | トップページ | 地方公共団体が出資した会社の株主総会での議決権の行使は住民訴訟の対象とならないとされた事例 »