« 特許法102条1項の構造、同ただし書の「販売することができないとする事情」 | トップページ | ライブハウスの経営者が演奏主体(=著作権侵害者)に当たるとされた事例 »

2017年5月 8日 (月)

「知識社会の中心」

歴史を通じ、5年か7年の徒弟制度の後に仕事を学んだ熟練工は、18歳か19歳までに、生涯で使う必要がある全てを学んだ。今日、新たな仕事は、相当量の正規の教育と論理的/分析的知識を獲得し応用する能力を必要とする。仕事への異なるアプローチと異なる思考様式を必要とする。とりわけ、継続的な学びの習慣を必要とする。

全ての人にとって、いかなる知識の組み合わせが必要か?学びと教えにおける「質」は何か?それらは、必然的に、知識社会の中心的な関心となり中心的な政治課題となる。実際、私達が資本主義の時代と呼んだ2,3世紀に資産と収入の獲得が占めた場所を、知識社会の政策において正式な知識の獲得と分配が占めるであろうと予想することは、空想的に過ぎるものではない。

ソース:The Daily Drucker 9 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 特許法102条1項の構造、同ただし書の「販売することができないとする事情」 | トップページ | ライブハウスの経営者が演奏主体(=著作権侵害者)に当たるとされた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知識社会の中心」:

« 特許法102条1項の構造、同ただし書の「販売することができないとする事情」 | トップページ | ライブハウスの経営者が演奏主体(=著作権侵害者)に当たるとされた事例 »