« 「外国為替リスクを管理する」 | トップページ | 情報公開法での不開示情報と一部開示 »

2017年5月11日 (木)

「製造パラドックス」

2020年に向けた最も信用できる予想は、先進国において、製造での雇用は労働人口の10~12パーセントに縮小するが、生産高は少なくとも2倍になるというものである。製造を変え、生産性を跳ね上げたのは、「リーン生産方式」といった新たな概念である。80年前の大量生産の到来に匹敵する進歩である製造の新たな理論は、情報とオートメーションより重要である。

富と仕事の創造者としての製造の減少は、必然的に、新たな保護主義をもたらし、かつて農業で起こったことを、繰り返す。農家の有権者が少なくなれば、「農家の票」はより重要になった。人数が減るに従い、農家は全ての豊かな国で不釣り合いな影響力をもつ単一の特別利益集団となった。

ソース:The Daily Drucker 12 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「外国為替リスクを管理する」 | トップページ | 情報公開法での不開示情報と一部開示 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「製造パラドックス」:

« 「外国為替リスクを管理する」 | トップページ | 情報公開法での不開示情報と一部開示 »