« 関係会社ABと再生債務者との間の債権債務の相殺の可否(否定) | トップページ | 被保険車両の盗難を理由とした保険金の支払を求めた事案で、否定された事例 »

2017年5月 3日 (水)

「Next Society の特徴」

次の社会(Next Society)は知識社会である。その3つの主要な特徴は
①知識はお金より、容易に伝達するため、ボーダーレス、
②容易に得られる正規の教育を通じ、全ての人が享受できる、上方への可動性、
③成功と同じく失敗の可能性。誰もが仕事に必要な知識という「生産手段」を獲得できるが、全ての人が勝てるわけではない。

これらの3つの特徴は、知識社会を、組織と個人にとって、高度に競争的なものにする。

情報技術は、次の社会(Next Society)の多くの新たな特徴の1つにすぎないが、既に非常に重要な影響を与えている。それは知識をほとんど瞬時に広め、全ての人々にアクセスできるようにする。情報移動の容易さとスピードにより、知識社会における全ての組織(事業だけでなく、学校、大学、病院、そしてより多くの政府機関もまた)は、そのほとんどが活動と市場においてローカルであり続けるが、グローバルに競争的でなくてはならない。それは、インターネットが全ての場所の顧客に、世界のどこで、いくらで、何が利用できるかを知らせるからである。

ソース:The Daily Drucker 4 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 関係会社ABと再生債務者との間の債権債務の相殺の可否(否定) | トップページ | 被保険車両の盗難を理由とした保険金の支払を求めた事案で、否定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Next Society の特徴」:

« 関係会社ABと再生債務者との間の債権債務の相殺の可否(否定) | トップページ | 被保険車両の盗難を理由とした保険金の支払を求めた事案で、否定された事例 »