« 「PEOとBPOの利用」 | トップページ | 弁護士賠償責任保険契約における免責条項の適用が否定された事案 »

2017年5月15日 (月)

「非伝統的従業員を管理(manage)する」

フルタイムの労働者、PEOsと派遣社員に加え、新たな会社では、非伝統的従業員からなる、密接に結びつけられるが別に管理される組織があり得る。ますます、労働者は早期に退職するが、仕事を止めない。代りに、彼らの「セカンドキャリア」はしばしば従来と違う(非伝統的な)形をとる。彼らは、フリーランス、パートタイム又は臨時雇い、または、請負業者のために、あるいは自身が請負業者として働く。このように「働き続ける早期退職」は特に知識労働者にとって普通である。

これらの多様なグループを引きつけ保有することは、新しい会社での人のマネジメントの中心的な仕事となる。これらの人々は事業と永続的な関係をもたない。彼らは管理される必要がないかも知れないが、生産的なものとされなくてはならない。彼らは、その専門知識が最大の貢献をする場所に配置されなくてはならない。マネジャーは、これらの非伝統的労働者の専門性開発、モチベーション、満足、生産性について、アウトソーシング契約組織の相手と、親密に取り組む必要がある。

ソース:The Daily Drucker 16 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「PEOとBPOの利用」 | トップページ | 弁護士賠償責任保険契約における免責条項の適用が否定された事案 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「非伝統的従業員を管理(manage)する」:

« 「PEOとBPOの利用」 | トップページ | 弁護士賠償責任保険契約における免責条項の適用が否定された事案 »