« 不貞行為を認定しその者からの婚姻費用分担請求につき、子らの養育費相当分に限って認めた事例 | トップページ | マンモトーム生検の局所麻酔で、患者の胸腔内まで麻酔針を貫通させ、肺を穿刺し気胸を発症⇒医師の過失を肯定 »

2017年4月24日 (月)

「社会的責任についてのスローン」

「公的」責任は、アルフレッドスローンにとって、未熟より悪い。それは無責任であり、権限の奪取である。スローンと私が出席した会議で、主要な米国企業のCEOが、「我々は高等教育に責任がある」言った。「事業をしている我々は高等教育に対して権限があるか?」「持つべきか?」とスローンは尋ねた。「もちろん違う」が答えであった。「なら責任について話さないでおこう」とスローンは荒々しく言った。「あなたは大企業の上級役員で、第1のルールを知っている。権限と責任は一致し、お互いに釣り合わなくてはならない。権限を求めず、それを持つべきでなければ、責任について話すな。そして、責任を求めず、それを持つべきでなければ、権限について話すな。」

スローンはこれをマネジメント原則に基づかせる。しかし、もちろん、それは政治理論と政治史の最初のレッスンである。責任のない権限は不当であるが、権限のない責任も同じである。双方とも専制に導く。スローンは、その職業的なマネジャーについて大きな権限を求め、高度な責任を負う用意があった。しかし、その理由で、彼は、その専門的権能の分野に権限を限定し、それら以外の分野における責任の主張や受入れを拒否した。

ソース:The Daily Drucker 25 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 不貞行為を認定しその者からの婚姻費用分担請求につき、子らの養育費相当分に限って認めた事例 | トップページ | マンモトーム生検の局所麻酔で、患者の胸腔内まで麻酔針を貫通させ、肺を穿刺し気胸を発症⇒医師の過失を肯定 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「社会的責任についてのスローン」:

« 不貞行為を認定しその者からの婚姻費用分担請求につき、子らの養育費相当分に限って認めた事例 | トップページ | マンモトーム生検の局所麻酔で、患者の胸腔内まで麻酔針を貫通させ、肺を穿刺し気胸を発症⇒医師の過失を肯定 »