« 東日本大震災の地震発生による避難に際しての小学校校長の義務違反⇒国賠請求(一部肯定) | トップページ | プログラム著作物の複製・翻案、ソースコードの「営業秘密」性(肯定) »

2017年4月26日 (水)

「事業倫理とは何か?」

西洋の倫理の伝統が常に依拠する基本原則は、王子と乞食、金持ちと貧民、強者と弱者に等しく妥当する、個人の行動についての唯一の倫理法典があるというものである。ユダヤ教の伝統における倫理規範は、創造者が神、自然、あるいは社会と呼ばれようと、全ての男と女は等しい被造物であるという断言である。唯一の倫理規範、一式の道徳のルール、1つの法典、同じルールが全ての人に等しく適用される個人の行動のルールがある。そしてこの基本原則を事業倫理は否定する。言い換えれば、事業倫理は、西洋の哲学者や神学者によって一般に使われてきた用語としての倫理規範ではない。事業倫理は何らかの理由で通常の倫理のルールが事業に適用されないことを想定する。それでは、事業倫理とは何か?

ソース:The Daily Drucker 27 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 東日本大震災の地震発生による避難に際しての小学校校長の義務違反⇒国賠請求(一部肯定) | トップページ | プログラム著作物の複製・翻案、ソースコードの「営業秘密」性(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「事業倫理とは何か?」:

« 東日本大震災の地震発生による避難に際しての小学校校長の義務違反⇒国賠請求(一部肯定) | トップページ | プログラム著作物の複製・翻案、ソースコードの「営業秘密」性(肯定) »