« 差押と消滅時効中断の効力 | トップページ | 「確定した執行決定のある仲裁判断」と請求異議の訴え »

2017年4月17日 (月)

「人々を選ぶための決定手順」

マーシャルは人の決定をするにあたって5つの単純な決定手順に従った。
第1に、マーシャルは注意深く割当を考えた。仕事の種類は長く続き得るが、仕事の割当は常に変わる。
第2に、マーシャルは、様々な適性の人々を見た。履歴書に記載されるような形式的な資格は出発点にすぎない。その欠如は候補者を失格とする。しかしながら、最も重要なことは、人と割当が適合することである。最高の適合を見つけるには、少なくとも3~5人の候補者を考えなくてはならない。
第3に、マーシャルは、各人が何をよくできたかを見るために、3~5人の候補者全員のパフォーマンス記録を見た。彼は、候補者の強みを探した。人ができないことは重要ではない。その代わりに、彼らができることに集中し、特定の割当にとってそれらが正しい強みかどうかを決めなくてはならない。パフォーマンスは強みに基づいてのみ築かれ得る。
第4に、マーシャルは候補者について、彼らと働いたことがある人と議論した。最良の情報はしばしば候補者の以前の上司や同僚との非公式な議論から得られる。
第5に、決定がされると、マーシャルは、被指名者に割当を理解させた。おそらく、このための最善の方法は、新人に成功するために何をしなければいけないかを注意深く考えさせ、90日間仕事に投入し、それを書かせることである。

ソース:The Daily Drucker 18 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 差押と消滅時効中断の効力 | トップページ | 「確定した執行決定のある仲裁判断」と請求異議の訴え »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人々を選ぶための決定手順」:

« 差押と消滅時効中断の効力 | トップページ | 「確定した執行決定のある仲裁判断」と請求異議の訴え »