« 建物の一部の無断転貸人の転借人に対する、共用部分を適切に維持管理して使用させる義務(肯定) | トップページ | 仲裁人の忌避事由に関する開示義務違反⇒仲裁裁判取消事由に該当するとされた事例 »

2017年4月 2日 (日)

「パフォーマンスの精神」

道徳は、どのような意味であっても、熱心な勧め、説教あるいは良い意思であってはならない。それは実践でなくてはならない。

特に:
1.組織はパフォーマンスにフォーカスしなくてはならない。パフォーマンスの精神の第1の要請は、各人とグループにとっての、高いパフォーマンス基準である。
2.組織は問題ではなく機会にフォーカスしなくてはならない。
3.人々に影響する意思決定(=配置、賃金、昇進、降格及び解雇)は組織の価値と信念を表さなくてはならない。
4.最後に、人々についての意思決定において、マネジメントは、誠実さ(integrity)はマネジャーの絶対的な必要条件であり、持ち合わせていなくてはならない資質であり、あとで獲得することを期待できないものであることを示さなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 3 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 建物の一部の無断転貸人の転借人に対する、共用部分を適切に維持管理して使用させる義務(肯定) | トップページ | 仲裁人の忌避事由に関する開示義務違反⇒仲裁裁判取消事由に該当するとされた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パフォーマンスの精神」:

« 建物の一部の無断転貸人の転借人に対する、共用部分を適切に維持管理して使用させる義務(肯定) | トップページ | 仲裁人の忌避事由に関する開示義務違反⇒仲裁裁判取消事由に該当するとされた事例 »