« 東日本大震災に伴う原発事故で、ドラッグストアの店舗閉店に伴い、3年分の営業損害が認められ、一定の損益相殺がされた事例 | トップページ | 商品(「エジソンのお箸」)の形態と不正競争防止法2条1項1号の「商品等表示」(否定) »

2017年4月19日 (水)

「継承の判断」

トップの継承の判断は、全てのその決定はギャンブルであるため、最も難しい。トップの地位におけるパフォーマンスの唯一のテストはトップのポジションでのパフォーマンスであり、そのための準備は非常に少ない。すべきでないことはかなり単純である。去っていくCEOのコピーを望まない。去っていくCEOが「ジョー(あるいはマリー)は30年前の私のようだ」と言えば、それはコピーであり、コピーは常に弱い。18年間ボスの側に仕え、彼や彼女の全ての望みを予想してきたが、1人で決断をしたことがない、忠実なアシスタントについて、疑い深くなる。概して、決断する意欲があり決断できる人は非常に長くはアシスタントの役職にない。神聖なプリンスも外す。10のうち9は、それはパフォーマンスが重要で評価され、間違え得る立場に置かれることを避けてきた人々である。それらは、パフォーマンスではなく、メディアイベント(報道をあてこんで仕組まれたイベント)である。

継承決定を扱う積極的な方法は何か? 課題を見る。この組織で、次の数年にかけて、最大の挑戦となるものは何か?そして、人々とそのパフォーマンスを見る。実証されたパフォーマンスと必要を合わせる。

ソース:The Daily Drucker 20 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 東日本大震災に伴う原発事故で、ドラッグストアの店舗閉店に伴い、3年分の営業損害が認められ、一定の損益相殺がされた事例 | トップページ | 商品(「エジソンのお箸」)の形態と不正競争防止法2条1項1号の「商品等表示」(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「継承の判断」:

« 東日本大震災に伴う原発事故で、ドラッグストアの店舗閉店に伴い、3年分の営業損害が認められ、一定の損益相殺がされた事例 | トップページ | 商品(「エジソンのお箸」)の形態と不正競争防止法2条1項1号の「商品等表示」(否定) »