« 公開買付け⇒全部取得条項付種類株式として全部取得する場合の会社法172条1項にいう「取得の価格」 | トップページ | 「心理的不安」 »

2017年4月28日 (金)

「事業倫理」

職業人の第1の責任は2500年前に、ギリシャの医師のヒポクラテスの誓いに明確に記された:「なによりも、知りながら害をなさない。」医師であれ、弁護士であれ、マネジャーであれ、顧客のために実際に善いことをすることを約束できる職業人はいない。彼女ができることは、試みることだけである。しかし、彼女は、知りながら害をなさないことは約束できる。そして顧客もまた、職業人が知りながら顧客に害をなさないことを信頼できなくてはならない。さもないと、彼は彼女を全く信用できない。そして「知りながら害をなさない」は職業人の倫理の基本的なルールであり、公的責任の倫理の基本的なルールである。

ソース:The Daily Drucker 29 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 公開買付け⇒全部取得条項付種類株式として全部取得する場合の会社法172条1項にいう「取得の価格」 | トップページ | 「心理的不安」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「事業倫理」:

« 公開買付け⇒全部取得条項付種類株式として全部取得する場合の会社法172条1項にいう「取得の価格」 | トップページ | 「心理的不安」 »