« 団体交渉の開催場所等について交渉過程が、団体交渉拒否の不当労働行為に当たるとされた事例 | トップページ | 「重要な昇進」 »

2017年4月21日 (金)

「人についての良い審判者」

スローンは続けた「あなたは私が人についての良い審判者であるべきだと考えているが、実のところ、そのような人はいない。人についての判断を正しく、つまりゆっくりとする人と、人についての判断を誤り、職を失って後悔する人がいるだけだ。我々は、人についての良い審判者であるからではなく、念入りであることから、誤りをより少なくする。」

人についての判断は通常ゼネラルモーターズの経営委員会で激論を引き起こした。しかし、ある時、委員会全体はある候補者について合意するように見えた。彼は、この危機にすばらしく対処し、問題を美しく解決し、冷静に火を消した。その時、突然スローンが割って入った。「あなた達のスミス氏は非常に印象的な経歴を持っている」彼は言った。「しかし、彼が全てのこれらの危機にいかに取り組んでそのようにあざやかに切り抜けたのか説明して欲しい」それ以上、スミス氏については聞かれなかった。しかし、ある時、スローンは言った「あなた達はジョージができないことを全て知っている。彼がしてきたことはどうだ?彼は何ができる?」そして、スローンが説明を受けた時、彼は言う。「わかった。彼ははなばなしくないし、機敏でもないし、さえないように見える。しかし、彼は常に成し遂げてこなかったのか?」そして、ジョージは困難な時期に大きな部門で最も成功した総支配人となった。

ソース:The Daily Drucker 22 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 団体交渉の開催場所等について交渉過程が、団体交渉拒否の不当労働行為に当たるとされた事例 | トップページ | 「重要な昇進」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人についての良い審判者」:

« 団体交渉の開催場所等について交渉過程が、団体交渉拒否の不当労働行為に当たるとされた事例 | トップページ | 「重要な昇進」 »