« 大阪市のアンケート調査への回答を拒否したことを理由とする戒告処分の取消しをを求めて提訴⇒訴訟の取下げ要求を拒否した市バス運転手を内勤に転任させた転任命令が取り消された事例 | トップページ | 社会福祉法人の退任理事の、処分行政庁の行った仮理事選任処分の取消し訴訟を提起することの原告適格(肯定) »

2017年4月23日 (日)

「社会的責任」

少なくともその資本コストに匹敵する利益を出さない事業は無責任であり、それは社会のリソースを浪費する。経済的利益のパフォーマンスは、それなしでは、事業がいかなる他の責任も果たせず、良い雇用者、良い市民、良い隣人となり得ない、基礎である。しかし、教育的パフォーマンスが学校の唯一の責任であり、健康管理が病院の唯一の責任である以上に、経済的パフォーマンスは事業の唯一の責任ではない。

全ての組織はその従業員、環境、顧客及びそれが触れる人やものへの影響について責任を負わなくてはならない。それは社会的責任である。しかし、我々はまた、社会はますます、営利も非営利も同じく、主要な組織に、主要な社会的困難に取り組むことを期待することを知る。そして、良い意図は社会的に責任があるとは限らないため、我々は、警戒すべきである。組織にとって、その主要な仕事とミッションを履行する能力を妨げる責任を追求することはもちろん、それを引き受けること、あるいは能力のないのに行動することは無責任である。

ソース:The Daily Drucker 24 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 大阪市のアンケート調査への回答を拒否したことを理由とする戒告処分の取消しをを求めて提訴⇒訴訟の取下げ要求を拒否した市バス運転手を内勤に転任させた転任命令が取り消された事例 | トップページ | 社会福祉法人の退任理事の、処分行政庁の行った仮理事選任処分の取消し訴訟を提起することの原告適格(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「社会的責任」:

« 大阪市のアンケート調査への回答を拒否したことを理由とする戒告処分の取消しをを求めて提訴⇒訴訟の取下げ要求を拒否した市バス運転手を内勤に転任させた転任命令が取り消された事例 | トップページ | 社会福祉法人の退任理事の、処分行政庁の行った仮理事選任処分の取消し訴訟を提起することの原告適格(肯定) »