« 「人についての良い審判者」 | トップページ | 大阪市のアンケート調査への回答を拒否したことを理由とする戒告処分の取消しをを求めて提訴⇒訴訟の取下げ要求を拒否した市バス運転手を内勤に転任させた転任命令が取り消された事例 »

2017年4月22日 (土)

「重要な昇進」

会社が必要な貢献を得るには、それらを行う人々に報いなければならない。人についての決定、特にその昇進は、組織が実際に信じ、求め、表すものを確認する。それらは、言葉より大きく語り、いかなる数字より明確なストーリーを語る。

決定的な昇進は、人の最初のもの(それは、彼女とそのキャリアにとって最も重要かもしれないが)ではない。マネジメントが小さな事前に選ばれたグループから選ばなくてはならない、トップへの最後のものでもない。決定的な昇進は明日のトップがそこから選ばれるグループへのものである。それは組織のピラミッドが突然狭くなる時の決定である。この時まで、大きな組織では、空位の地位は、40~50人から選ばれる。その上では、選択は3~4人から1人に狭まる。この時まで、人は通常、1つの分野か職務で働く。その上では、彼女はその事業で働く。

ソース:The Daily Drucker 23 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「人についての良い審判者」 | トップページ | 大阪市のアンケート調査への回答を拒否したことを理由とする戒告処分の取消しをを求めて提訴⇒訴訟の取下げ要求を拒否した市バス運転手を内勤に転任させた転任命令が取り消された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「重要な昇進」:

« 「人についての良い審判者」 | トップページ | 大阪市のアンケート調査への回答を拒否したことを理由とする戒告処分の取消しをを求めて提訴⇒訴訟の取下げ要求を拒否した市バス運転手を内勤に転任させた転任命令が取り消された事例 »