« 映像作品のデータを動画共有サイトのサーバーにアップロードした行為についての損害賠償請求 | トップページ | 株式交換の効力発生日後に株式買取請求が撤回された場合 »

2017年3月13日 (月)

「普遍的な企業家的規律」

事業に限らず、全ての組織は、その日々のマネジメントに、並行的に行われる4つの企業家的活動を組み入れなくてはならない。

1つは、もはや最適なリソースの割当てではない、製品、サービス、プロセス、市場、流通経路等の体系的廃棄である(①)。そして、どの組織も、体系的な、継続的改善のため組織しなくてはならない(②)。そして、体系的で継続的な開発(活用)、特に成功の開発のため組織しなくてはならない(③)。そして、最後に、体系的イノベーションを組織しなくてはならず、それは組織で最も成功する今日の製品さえ陳腐化させ、その大部分にとってかわる、違う明日を創造することである(④)。私は、これらの規律は望ましいだけでなく、今日生き残るための条件であると、強調する。

ソース:The Daily Drucker 14 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 映像作品のデータを動画共有サイトのサーバーにアップロードした行為についての損害賠償請求 | トップページ | 株式交換の効力発生日後に株式買取請求が撤回された場合 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「普遍的な企業家的規律」:

« 映像作品のデータを動画共有サイトのサーバーにアップロードした行為についての損害賠償請求 | トップページ | 株式交換の効力発生日後に株式買取請求が撤回された場合 »