« 定年後再雇用者との期間の定めのない労働契約を締結した場合の労働条件の労契法20条違反(肯定) | トップページ | 起訴後の被告人の取調べについての供述調書の証拠能力が否定された例 »

2017年3月 5日 (日)

「イノベーションとリスクテーキング」

私は、多くの心理学者が話す企業家精神についての大学のシンポジウムに参加したことがある。彼らのペーパーは他の全てで異なったが、全員が「企業家的パーソナリティ」について話し、それは「リスクテーキングの性質」によって特徴づけられるものであった。25年間でプロセスベースのイノベーションを世界規模の事業に組み込んだ著名な成功したイノベーターで企業家がコメントを求められた。彼は言った。「私はあなた方のペーパーに困惑している。私は、私自身を初めとして、誰よりも多くの成功したイノベーターと企業家を知る。私は「企業家的パーソナリティ」に出会ったことがない。私が知る成功者は全員、1つのこと、そしてそれのみを、共通に持つ。彼らは「リスクテーカー」ではない。彼らは取らなくてはならないリスクを定義し、それをできるだけ最小化しようとする。そうでなければ、我々の誰も成功しなかった。」

これは私自身の経験とも一致する。私もまた、多くの成功した企業家を知る。その誰もが「リスクテーキングの性質」を持っていない。実在の最も成功したイノベーターは精彩を欠いた人物であり、「リスク」を求めて突進するよりも、キャッシュフロー計画に時間を費やす。彼らは「リスクに集中」ではなく「機会に集中」する。

ソース:The Daily Drucker 6 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 定年後再雇用者との期間の定めのない労働契約を締結した場合の労働条件の労契法20条違反(肯定) | トップページ | 起訴後の被告人の取調べについての供述調書の証拠能力が否定された例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イノベーションとリスクテーキング」:

« 定年後再雇用者との期間の定めのない労働契約を締結した場合の労働条件の労契法20条違反(肯定) | トップページ | 起訴後の被告人の取調べについての供述調書の証拠能力が否定された例 »