« 危険運転致死罪の「その進行を制御することが困難な高速度」の判断 | トップページ | 自分の逮捕歴に係る検索結果につき、「忘れられる権利」等に基づく削除請求が否定された事例 »

2017年3月23日 (木)

「イーコマース:挑戦」

我々はまだ、どのような商品やサービスがイーコマースに最も適していることになるかを知らない。しかし、我々は、事業者間であれ、事業者と消費者間であれ、イーコマースでの販売の成功は、スーパーマーケットや地方の仲介業者等の伝統的な流通チャネルによって、脅威として見られつつあることを知る。「それは我々の事業を食べようとしている」と伝統的卸売業者は叫ぶ。実際、過去の経験によれば、それは、多くの場合、伝統的な事業に加えるもので、実際彼らの事業と利益を増加させる。これは新たな流通チャネルによくある結果である。

しかし、我々は、何年もそれを知らないであろう。また数年間、いかなる商品やサービスがイーコマースを通じた流通に向いているかわからないだろう。そして、推測しようとすることは意味がない。イーコマースを進める決定にはリスクがある。しかし、最も重要なものでなくても、その製品やサービスの重要な流通チャネルとなる徴候がわずかでもあれば、イーコマースを進めないというリスクをとれる事業はない。

ソース:The Daily Drucker 24 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 危険運転致死罪の「その進行を制御することが困難な高速度」の判断 | トップページ | 自分の逮捕歴に係る検索結果につき、「忘れられる権利」等に基づく削除請求が否定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イーコマース:挑戦」:

« 危険運転致死罪の「その進行を制御することが困難な高速度」の判断 | トップページ | 自分の逮捕歴に係る検索結果につき、「忘れられる権利」等に基づく削除請求が否定された事例 »