« フランス民法上の急速審理命令により不分割共同財産の管理人として指名されたピカソの相続人1人による著作権侵害の主張(肯定) | トップページ | 新設分割会社の株主の不法行為責任と取締役としての任務懈怠責任が否定された事例 »

2017年3月28日 (火)

「なぜマネジメント科学は失敗するのか」

全てのマネジメント科学の下には1つの基本的な洞察がある。それは、事業会社は最も高度な秩序のシステムということである。自発的に知識とスキルを貢献し、合弁事業に貢献する人々を部分とするシステムである。そして、ミサイルのコントロールのような機械的なものであれ、木のような生物学的なものであれ、事業会社のような社会的なものであれ、1つのことが全ての純粋なシステムを特徴づける。それは、相互依存である。1つの特定の機能や部分が改良され、より効率的になったとしても、全体のシステムは必ずしも向上しない。実際、システムはそれにより傷つけられ、破壊されることもある。いくつかのケースでは、システムを強化する最善の方法が、部分を弱めること(=より不正確にし、より非効率にすること)であり得る。いずれのシステムでも重要なのは全体のパフォーマンスである。これは、単なる技術的効率性ではなく、成長の結果であり、ダイナミックなバランス、調整及び統合の結果である。 マネジメント科学における部分の効率化の強調は損傷に向かう。それは、全体の健全とパフォーマンスの犠牲の下、道具の精密さの最適化に向かう。

ソース:The Daily Drucker 29 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« フランス民法上の急速審理命令により不分割共同財産の管理人として指名されたピカソの相続人1人による著作権侵害の主張(肯定) | トップページ | 新設分割会社の株主の不法行為責任と取締役としての任務懈怠責任が否定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜマネジメント科学は失敗するのか」:

« フランス民法上の急速審理命令により不分割共同財産の管理人として指名されたピカソの相続人1人による著作権侵害の主張(肯定) | トップページ | 新設分割会社の株主の不法行為責任と取締役としての任務懈怠責任が否定された事例 »