« 離職せん別金に充てるための、市の共済会に対する補助金交付が違法とされた事例 | トップページ | 評価基準を定めた行政庁である総務大臣を被告のために参加させる旨の原告の申立が認容された事例 »

2017年3月 7日 (火)

「激動:脅威か機会か?」

マネジャーはその仕事を見て尋ねなくてはならない。「危険、機会、そしてとりわけ変化に備えるために私は何をしなくてはならないか?」

第1にこれはあなたの組織が体を傾け素早く動くことができるようにする時である。これは、正当化できない製品と活動を体系的にやめ、真に重要な仕事が適切にサポートされるようにする時である。

第2に、特に、研究員、技術サービススタッフそして全てのマネジャーのような、高給で重要なグループにとってそうであるように、特に時間が人の唯一のリソースであるところで、最も高価なリソースである時間に取り組まなくてはならない。そして、人は生産性向上のための目標を設定しなくてはならない。

第3に、マネジャーは成長を管理し、多様な成長を見分けることを学ばなくてはならない。組み合わされたリソースの生産性が成長ととともに向上するなら、それは健全な成長である。

第4に、人の開発は未来において最も重要である。

ソース:The Daily Drucker 8 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 離職せん別金に充てるための、市の共済会に対する補助金交付が違法とされた事例 | トップページ | 評価基準を定めた行政庁である総務大臣を被告のために参加させる旨の原告の申立が認容された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「激動:脅威か機会か?」:

« 離職せん別金に充てるための、市の共済会に対する補助金交付が違法とされた事例 | トップページ | 評価基準を定めた行政庁である総務大臣を被告のために参加させる旨の原告の申立が認容された事例 »