« 賃料債務保証会社による物件への補助錠設置及び家財撤去に対する損害賠償請求(慰藉料・財産的損害)(肯定) | トップページ | 脳梗塞に罹患した患者に対する医師の検査義務違反(肯定) »

2017年3月26日 (日)

「支配かパートナーか」

企業は最大の統合を目指すべきであるという伝統的な原理は新たな会社では時代遅れとなりつつある。企業の「分解」のための2つの説明がある。

第1に、知識はますます専門化した。知識は、そのため、ますます高価となり、企業内の全ての主要な仕事のために十分な集団を維持することはますます困難である。そして、知識は、継続的に使われない限り、急速に劣化するため、断続的にのみ使われる活動を組織内に維持することは役に立たない。

第2に、新たな情報技術であるインターネットと e-mail は、実際に、コミュニケーションの物理的コストを除去した。これは、しばしば、組織する最も生産的で有益な方法は、分解と協働であることを意味した。これは、より多くの活動に広がっている。例えば、組織の情報技術、データ加工及びコンピュータシステムのマネジメントの外注は普通のこととなった。

ソース:The Daily Drucker 27 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 賃料債務保証会社による物件への補助錠設置及び家財撤去に対する損害賠償請求(慰藉料・財産的損害)(肯定) | トップページ | 脳梗塞に罹患した患者に対する医師の検査義務違反(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「支配かパートナーか」:

« 賃料債務保証会社による物件への補助錠設置及び家財撤去に対する損害賠償請求(慰藉料・財産的損害)(肯定) | トップページ | 脳梗塞に罹患した患者に対する医師の検査義務違反(肯定) »