« 株式交換の効力発生日後に株式買取請求が撤回された場合 | トップページ | 控訴審でのDNA再鑑定による強姦事件で無罪となった事案 »

2017年3月14日 (火)

「短期と長期をマネジメントする」

事業が短期の結果のために経営されるべきか「長期」のために経営されるべきかは、価値の質問である。金融アナリストは事業は同時に双方のために営まれ得ると信じる。成功する経営者はよりよく知る。確かに、全員は短期の結果を生み出さなくてはならない。しかし、短期の結果と長期の成長が衝突する場合、ある会社は長期の成長を選び、別の会社は短期の結果を選ぶ。これは、本来経済についての意見の相違ではない。これは、基本的に、事業の機能とマネジメントの責任に関する価値の対立である。

ソース:The Daily Drucker 15 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 株式交換の効力発生日後に株式買取請求が撤回された場合 | トップページ | 控訴審でのDNA再鑑定による強姦事件で無罪となった事案 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「短期と長期をマネジメントする」:

« 株式交換の効力発生日後に株式買取請求が撤回された場合 | トップページ | 控訴審でのDNA再鑑定による強姦事件で無罪となった事案 »