« 暴力団組長の出資法の上限を超える利息の受領が不法行為とされ、上位組織の長の使用者責任が肯定された事例 | トップページ | フランス民法上の急速審理命令により不分割共同財産の管理人として指名されたピカソの相続人1人による著作権侵害の主張(肯定) »

2017年3月27日 (月)

「戦略のための情報」

戦略は、市場、顧客及び非顧客についての、自社と他の産業における技術についての、世界的なファイナンスについての、そして変化する世界経済についての情報に基づかなくてはならない。それは結果があるところだからである。組織の内部にはコストセンターがあるだけである。

主要な変化は常に組織外で始まる。小売業者はその店で買物をする人々について多くを知るかもしれない。しかし、どれだけ成功しても、小売業者は市場の小さな部分(=その顧客)しか持たない。圧倒的マジョリティは非顧客である。基本的な変化が始まり重要になるのは常に非顧客についてである。過去50年において産業を変えた重要な新技術の少なくとも半分は、その産業の外から生じた。

ソース:The Daily Drucker 28 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 暴力団組長の出資法の上限を超える利息の受領が不法行為とされ、上位組織の長の使用者責任が肯定された事例 | トップページ | フランス民法上の急速審理命令により不分割共同財産の管理人として指名されたピカソの相続人1人による著作権侵害の主張(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦略のための情報」:

« 暴力団組長の出資法の上限を超える利息の受領が不法行為とされ、上位組織の長の使用者責任が肯定された事例 | トップページ | フランス民法上の急速審理命令により不分割共同財産の管理人として指名されたピカソの相続人1人による著作権侵害の主張(肯定) »