« 存続期間の延長された特許権の効力が被告の製造販売に及ぶかが問題となった事例 | トップページ | 不法装てん罪の故意 »

2017年3月21日 (火)

「インターネット技術と教育」

ヘルスケアにおいて、情報技術は既に信じられないようなインパクトを与えた。教育においても、そのインパクトはより大きくなる。しかしながら、通常の大学のコースをインターネットにのせようとするのは誤りである。マーシャル マクルーハンは正しかった。媒体は、伝達される方法だけでなく、伝達されるものもコントロールする。ウェブではそれを違って行わなくてはならない。

全てをデザインし直さなくてはならない。
第1に、生徒の注意を保たないといけない。良い教師はクラスの反応を感知するレーダーシステムを持つが、オンラインではそれをもたない。
第2に、学生に大学のコースでできるもの、「やりとり」をできるようにしなくてはならない。オンラインで、書籍の質とコースの連続性/流れを結びつけなくてはならない。なにより、それを文脈に置かなくてはならない。自宅でのオンラインコースで、コースは背景、文脈、レフェレンスを提供しなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 22 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 存続期間の延長された特許権の効力が被告の製造販売に及ぶかが問題となった事例 | トップページ | 不法装てん罪の故意 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インターネット技術と教育」:

« 存続期間の延長された特許権の効力が被告の製造販売に及ぶかが問題となった事例 | トップページ | 不法装てん罪の故意 »