« 温泉付きホテル内に出店しているマッサージ店と利用客との取引と会社法9条の類推によるホテルの経営会社の責任(肯定) | トップページ | 公務執行妨害罪で保護される適正な職務 »

2017年3月30日 (木)

「分析から知覚へ」

数学者と哲学者の世界において、知覚は「直観」であり、見せかけか、霊感による、つかまえどころのない、不可思議なものである。物理学的な世界観の資産である知覚は、「重要な」ものでなく、それなしでやっていける「人生の些末なもの」に追いやられた。しかしながら、生物学の世界では、知覚は中心にある。そして、もちろん、どの「生態学」も分析より知覚である。生態学では、「全体」が観察され理解されなくてはならず、「部分」は全体を考慮してのみ存在する。300年前、デカルトは、「我思う、故に我在り」と言った。我々は今「我は見る、故に我在り」と言わなくてはならない。

実際、この本が扱う新たな現実は外形(形態)であり、分析と同様知覚を要する。例えば、新たな多元論の動的な不安定、多国籍で国境を越える経済と国境を越える生態学、大いに必要とされる新たな原型の「教育のある人々」。

ソース:The Daily Drucker 31 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 温泉付きホテル内に出店しているマッサージ店と利用客との取引と会社法9条の類推によるホテルの経営会社の責任(肯定) | トップページ | 公務執行妨害罪で保護される適正な職務 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「分析から知覚へ」:

« 温泉付きホテル内に出店しているマッサージ店と利用客との取引と会社法9条の類推によるホテルの経営会社の責任(肯定) | トップページ | 公務執行妨害罪で保護される適正な職務 »