« 不法装てん罪の故意 | トップページ | 危険運転致死罪の「その進行を制御することが困難な高速度」の判断 »

2017年3月22日 (水)

「イーコマースの顕著な強み」

イーコマースと情報革命の関係は、鉄道と産業革命の関係と同じである。鉄道は距離を制服し、イーコマースはそれをなくした。インターネットは企業に、ある活動を他の活動に結びつけ、会社内で、並びに外部の供給者、外部の流通ルート及び顧客に対して、即時のデータを広く利用できるようにする能力を提供する。それは、会社の分解への動きを強める。

しかし、イーコマースの顕著な強みは、消費者に、誰がそれらを作ったかに関係なく、全ての製品を提供することである。アマゾンや CarsDirect等がその例である。イーコマースは、初めて、販売と製造を分離する。販売はもはや製造ではなく、流通と結びつく。イーコマースの便宜を1つのメーカーの製品やブランドのマーケティングや販売に限定する理由は全くない。

ソース:The Daily Drucker 23 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 不法装てん罪の故意 | トップページ | 危険運転致死罪の「その進行を制御することが困難な高速度」の判断 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イーコマースの顕著な強み」:

« 不法装てん罪の故意 | トップページ | 危険運転致死罪の「その進行を制御することが困難な高速度」の判断 »