« 「フランク三浦」事件 | トップページ | 特許権侵害の主張で構成要件の充足性否定(事案) »

2017年3月 3日 (金)

「イノベーションでは大きなアイデアを強調する」

革新的な組織は、イノベーションはアイデアからスタートすることを理解する。アイデアは赤ん坊のようなものである・・・小さく生まれ、未発達で、形もない。それらは、達成ではなく見込みである。革新的な組織では、役員は「まぬけなアイデアだ」とは言わない。代りに、彼らは「この未発達の、不完全な、馬鹿げたアイデアを、意味があり、実行でき、我々にとっての機会とするには何が必要か?」と尋ねる。

しかし、革新的な組織はまた、ほとんどのアイデアは意味のないもので終わることを知る。革新的組織の役員は、それ故、アイデアのある人々に、アイデアを製品、プロセス、事業あるいは技術にするために必要な作業を考えることを求める。彼らは「会社にあなたのアイデアに取り組ませることができる前に、我々はいかなる作業をすべきか、何を発見し、学ばなくてはならないか?」を尋ねる。これらの役員は、小さなアイデアを成功する現実に転換することは、大きなイノベーションを起こすのと同じく困難でリスクがあることを知る。彼らは製品や技術における「改善」や「修正」を狙わない。彼らは、新たな事業を始めることを狙う。

ソース:The Daily Drucker 4 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「フランク三浦」事件 | トップページ | 特許権侵害の主張で構成要件の充足性否定(事案) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イノベーションでは大きなアイデアを強調する」:

« 「フランク三浦」事件 | トップページ | 特許権侵害の主張で構成要件の充足性否定(事案) »