« 情報公開訴訟で消費者庁が行った不開示決定が取り消された事例 | トップページ | 検察官が刑事被告人の勾留先を捜索して弁護人との手紙等を押収したことは違法。裁判官による捜索差押許可状発付の違法性は否定。 »

2017年2月23日 (木)

「会社の正当性」

社会的力は、正当な力でなければ、持続できない。社会は個々のメンバーをまとめなければ機能しない。産業システムのメンバーが(今日欠いている)社会的地位と機能を与えられなければ、我々の社会は崩壊する。大衆は反乱を起こさない。彼らは、無気力に沈む。彼らは、社会的意味がなければ脅威と負担以外の何物でもない自由の責任から逃げる。我々には2つの選択肢だけがある。①機能する産業社会を作るか②無政府状態と圧制の中に自由が消えるのを見るかのいずれかである。

ソース:The Daily Drucker 24 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 情報公開訴訟で消費者庁が行った不開示決定が取り消された事例 | トップページ | 検察官が刑事被告人の勾留先を捜索して弁護人との手紙等を押収したことは違法。裁判官による捜索差押許可状発付の違法性は否定。 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「会社の正当性」:

« 情報公開訴訟で消費者庁が行った不開示決定が取り消された事例 | トップページ | 検察官が刑事被告人の勾留先を捜索して弁護人との手紙等を押収したことは違法。裁判官による捜索差押許可状発付の違法性は否定。 »