« 死亡保険金受取人(=破産者)が有する死亡保険金請求権と破産財団への帰属 | トップページ | 新システムを開発・構築する業務委託契約での(契約上の付随義務としての)プロジェクトマネジメント義務違反(肯定) »

2017年2月 7日 (火)

「継続と変化のバランス」

組織がチェンジリーダーとして組織されるほど、それは内部的にも外部的にも、継続性を確立し、急速な変化と継続をバランスさせる必要がある。1つの方法は、変化において(継続的な関係の基礎である)パートナーシップを組むことである。変化と継続のバランスは情報についての継続的作業を要請する。乏しいあるいは信用できない情報ほど、継続性を崩壊し関係を損なうものはない。いかなる企業にとっても、変化において(それが最も小さなものであっても)「誰がこれを知らされる必要があるか」を尋ねることが、ルーティンとならなくてはならない。これは、より多くの企業が、実際には同じ場所で働くことなく一緒に働く人々、つまり新たな情報技術を使う人々をあてにするようになるほど、より重要になる。特に、そのミッション、価値、パフォーマンスと結果の定義といった、企業の基礎に関し継続性の必要がある。

最後に、変化と継続のバランスは給与、功労の認定、報酬に組み込まれなくてはならない。我々は、同様に、例えば継続的改善を行う人々を組織にとって価値あるものと考え、純粋なイノベーターと同じく功労を認められ報われる価値があるものと考えることで、組織は継続に報いなくてはならないことを学ばなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 8 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 死亡保険金受取人(=破産者)が有する死亡保険金請求権と破産財団への帰属 | トップページ | 新システムを開発・構築する業務委託契約での(契約上の付随義務としての)プロジェクトマネジメント義務違反(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「継続と変化のバランス」:

« 死亡保険金受取人(=破産者)が有する死亡保険金請求権と破産財団への帰属 | トップページ | 新システムを開発・構築する業務委託契約での(契約上の付随義務としての)プロジェクトマネジメント義務違反(肯定) »