« 「知識と技術」 | トップページ | 特殊詐欺の受け子の詐欺の故意・共謀の認定 »

2017年2月 4日 (土)

「若者人口の縮小」

先進国で、次の社会(next society)での支配的な要因(=高齢者の急速な増大と若者の急速な減少)はほとんどの人が留意し始めたにすぎないものである。若者の減少は、ローマ帝国末期以来の出来事であることだけが理由だとしても、高齢者の増大より大きな激変をもたらす。各先進国だけでなく、中国やブラジルでも、今日の出生率は、人口維持水準である、出産可能年齢の女性1人当たり2.2人をかなり下回る。政治的には、これは、全ての豊かな国において、移民が重要な(そして不和を生じる)問題となることを意味する。それは、全ての伝統的な政治的調整に影響する。

経済的に、若者人口の衰退は根本的な方法で市場を変える。家族形成の成長は先進世界における全ての国内市場の推進力であったが、若者の大規模な移民によってテコ入れされなければ、家族形成の率は着実に落ちる。

ソース:The Daily Drucker 5 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「知識と技術」 | トップページ | 特殊詐欺の受け子の詐欺の故意・共謀の認定 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「若者人口の縮小」:

« 「知識と技術」 | トップページ | 特殊詐欺の受け子の詐欺の故意・共謀の認定 »