« 神社の宮司もパワハラ、神職の労働者性(肯定) | トップページ | 刑法207条(同時傷害の特例)の法意 »

2017年2月 2日 (木)

「マネジメント革命」

1881年、米国人のFrederick Winslow Taylor(1856~1915)は、初めて知識を、作業の研究、作業の分析そして作業のエンジニアリングに適用した。これは、「生産性革命」に導いた。生産性革命は自らの成功の犠牲となった。今後、重要なのは、非肉体労働者の生産性である。そして、それは知識を知識に適用することを要請する。

しかし、今日また、知識は、①いかなる新たな知識が必要とされるか、②それは可能か、そして③知識を有効にするには何がなされるべきかを定義するため、体系的かつ意図的に適用される。それは、言い換えれば、「体系的イノベーション」に適用される。この知識のダイナミクスにおける第3の変化は「マネジメント革命」と呼ぶことができる。既存の知識が結果を出すためにいかに最適に適用され得るかを見つけるための知識の供給は、我々が「マネジメント」によって意味するものである。

ソース:The Daily Drucker 3 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 神社の宮司もパワハラ、神職の労働者性(肯定) | トップページ | 刑法207条(同時傷害の特例)の法意 »

ドラッカー」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメント革命」:

« 神社の宮司もパワハラ、神職の労働者性(肯定) | トップページ | 刑法207条(同時傷害の特例)の法意 »