« 検察官が刑事被告人の勾留先を捜索して弁護人との手紙等を押収したことは違法。裁判官による捜索差押許可状発付の違法性は否定。 | トップページ | 新車の売買の錆による瑕疵担保責任(肯定) »

2017年2月24日 (金)

「会社のガバナンス」

短期間のうちに我々は会社のガバナンスの問題に再び直面する。我々は、株主のような法的所有者と組織に富を生み出す力を与える人的資本の所有者、つまり知識労働者の双方を満足させるよう、組織とマネジメントの目的を再定義しなくてはならない。ますます、組織が生き残る能力は、知識労働者を生産的にすることにおける「比較優位」に依拠するようになる。そして、最高の知識労働者を惹きつけ確保する能力は第1の最も基本的な前提条件である。

金より知識が統治する時、資本主義は何を意味するか?知識労働者が真の資産である時「自由市場」は何を意味するか?知識労働者は売買され得ない。彼らは、合併や買収と共にはやってこない。知識労働者の出現は経済システムの構造と性質に基本的な変化を起こすことは確かである。

ソース:The Daily Drucker 25 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 検察官が刑事被告人の勾留先を捜索して弁護人との手紙等を押収したことは違法。裁判官による捜索差押許可状発付の違法性は否定。 | トップページ | 新車の売買の錆による瑕疵担保責任(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「会社のガバナンス」:

« 検察官が刑事被告人の勾留先を捜索して弁護人との手紙等を押収したことは違法。裁判官による捜索差押許可状発付の違法性は否定。 | トップページ | 新車の売買の錆による瑕疵担保責任(肯定) »