« プロ野球観戦中の観客にファウルボールが当たった事故と試合を主催した会社の安全配慮義務違反(肯定) | トップページ | リハビリでの骨折⇒施設側の責任(否定) »

2017年2月17日 (金)

「政府の復活」

政府は特定の利益集団の猛攻撃に対し力を失い、統治する(=意思決定を行いそれを執行する)力を失った。環境保護、私的軍隊と国際テロの鎮圧、有効な軍備管理といった新たな課題は、より小さな政府よりより大きな政府を必要とする。それらは異なる形の政府を必要とする。

政府は、パフォーマンス能力を少し回復しなくてはならない。方向転換されなくてはならない。事業であれ、労働組合であれ、大学であれ、病院であれ、政府であれ、組織を転換するには、常に3つのステップを必要とする。

1.機能しないもの、機能しなかったもの、その有用性と貢献能力を失ったものの廃棄
2.機能するもの、結果を生み出すもの、組織のパフォーマンス能力を改善するものへの集中
3.半ば成功し、半ば失敗するものの分析

方向転換は機能しないものを廃棄し、機能するものをより多くすることを求める。

ソース:The Daily Drucker 18 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« プロ野球観戦中の観客にファウルボールが当たった事故と試合を主催した会社の安全配慮義務違反(肯定) | トップページ | リハビリでの骨折⇒施設側の責任(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「政府の復活」:

« プロ野球観戦中の観客にファウルボールが当たった事故と試合を主催した会社の安全配慮義務違反(肯定) | トップページ | リハビリでの骨折⇒施設側の責任(否定) »