« 過重な長時間労働⇒精神障害を発症し自殺⇒出向元・出向先・両社の代取への損害賠償請求 | トップページ | 「政府助成金国家」 »

2017年2月20日 (月)

「中央計画の失敗」

新たなテクノロジーは、大いにマネジメントの範囲を広げる。多くの人々は、今日、平の構成員がマネジメントの仕事ができるようにならなくてはならないと考えた。そして、全てのレベルにおいて、マネジャーの責任と能力、その(選択的)リスクを選択する能力、経済的知識とスキル、マネジャーを管理し、労働者を管理し、労働する能力、意思決定の能力への要求は大きく増大する。

新たなテクノロジーは最大限の分権化を要求する。新たなテクノロジーの時代における社会は、中央計画により経済を動かすために、自治的な企業の自由なマネジメントを無くそうとすれば、惨めに消え去る。責任と意思決定をトップに集めようとする企業も同様である。それは、小さな、中心に集まった神経系により巨大な体をコントロールしようと試み、環境の急激な変化に適応できなかった、恐竜時代の爬虫類のように破滅する。

ソース:The Daily Drucker 21 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 過重な長時間労働⇒精神障害を発症し自殺⇒出向元・出向先・両社の代取への損害賠償請求 | トップページ | 「政府助成金国家」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「中央計画の失敗」:

« 過重な長時間労働⇒精神障害を発症し自殺⇒出向元・出向先・両社の代取への損害賠償請求 | トップページ | 「政府助成金国家」 »