« かつて同じ法律事務所に所属した弁護士等が相互に不法行為責任を追及する等した事案 | トップページ | 神社の宮司もパワハラ、神職の労働者性(肯定) »

2017年2月 1日 (水)

「現実に向かう」

今日の新たな現実は左派の想定にも右派の想定にも合わない。それらは「全ての人が知るもの」と整合しない。それらは、全ての人が、政治的信条に関係なく、現実であると信じるものとも異なる。「実際にあるもの」は、右派と左派が「そうあるべき」と信じるものとは、全く異なる。今日の最大で最も危険な激動は(政府、事業のトップマネジメント、あるいは組合の指導者を問わず)意思決定者の思い違いと現実との衝突から起きる。

しかし激動の時期は新たな現実を理解し、受け入れ、開発する人々にとって、最大の機会でもある。そのため、1つの不変の主題は、個々の企業の意思決定者が現実を直視し、「全ての人が知る」ものの誘惑、(明日の有害な妄信となる)昨日の確信の誘惑に屈しないことである。よって、激動の時期のマネジメントは、新たな現実に立ち向かうことを意味する。それは、数年前に意味があった主張や想定ではなく、「世界は実際にどうであるか」という質問から始めることを意味する。

ソース:The Daily Drucker 2 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« かつて同じ法律事務所に所属した弁護士等が相互に不法行為責任を追及する等した事案 | トップページ | 神社の宮司もパワハラ、神職の労働者性(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「現実に向かう」:

« かつて同じ法律事務所に所属した弁護士等が相互に不法行為責任を追及する等した事案 | トップページ | 神社の宮司もパワハラ、神職の労働者性(肯定) »