« 新車の売買の錆による瑕疵担保責任(肯定) | トップページ | 「事業目的とミッションの定義」 »

2017年2月25日 (土)

「3つの企業の次元をバランスさせる」

次の社会(next society)の企業のトップマネジメントの重要な仕事は、企業の3つの次元(①経済的組織、②人の組織、③ますます重要どなる社会的組織)をバランスさせることになる。企業の3つのモデルのそれぞれは過去半世紀に発展し、その1つを強調し他の2つを従属させた。ドイツの「社会的市場経済」のモデルは社会的次元を強調する。日本のモデルは人の次元を強調する。アメリカのモデルは経済的次元を強調する。

3つのいずれもそれ自体としては適当ではない。ドイツのモデルは経済的成功と社会的安定を達成したが、高い失業と危険な労働市場の硬直性という犠牲を伴う。日本のモデルは長年すばらしく成功したが、最初の深刻な挑戦でつまずいた。それは1990年代の日本のリセッションからの回復への重大な障害であった。株主主権もまた、もがくことになる。それは繁栄の時にのみ良く機能する好天モデルである。企業は、事業として繁栄する時にのみ、人と社会の機能を達成できる。しかし、今日、知識労働者は鍵となる従業員となり、会社もまた、成功するには好ましい雇用者となる必要がある。

ソース:The Daily Drucker 26 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 新車の売買の錆による瑕疵担保責任(肯定) | トップページ | 「事業目的とミッションの定義」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「3つの企業の次元をバランスさせる」:

« 新車の売買の錆による瑕疵担保責任(肯定) | トップページ | 「事業目的とミッションの定義」 »