« 刑法207条(同時傷害の特例)の法意 | トップページ | 「若者人口の縮小」 »

2017年2月 3日 (金)

「知識と技術」

知識の探求は、その教授(teaching)と同じく、伝統的に適用から引き離されてきた。両方とも科目により組織され、知識自体の論理に従う。大学の学部と学科、学位、専門は、高度教育の全体組織であり、科目にフォーカスされてきた。それらは「市場」や「最終用途」よりも「製品」に基づき、組織の専門家の言葉を使ってきた。今日、我々はますます、知識とその探求を、科目の領域よりも適用の領域に組織する。あらゆる場所で、学際的作業が成長した。

これは知識の意味における、自己目的からリソース、つまり結果のための手段へのシフトの現れである。現代社会の中心的エネルギーとしての知識は、要するに、適用において、そして仕事に投入される時に存在する。仕事は、しかしながら、学問分野によって限定され得ない。最終結果は必然的に業際的となる。

ソース:The Daily Drucker 4 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 刑法207条(同時傷害の特例)の法意 | トップページ | 「若者人口の縮小」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知識と技術」:

« 刑法207条(同時傷害の特例)の法意 | トップページ | 「若者人口の縮小」 »