« 地方公共団体の長の株式会社の代表取締役への責任追及を行わないことが、違法に財産の管理を怠る事実に該当しないとされた例 | トップページ | 情報公開訴訟で消費者庁が行った不開示決定が取り消された事例 »

2017年2月22日 (水)

「政府の新たな課題」

新たな課題はより小さい政府よりも多くを要求する。それらは異なる形の政府を要求する。最大の脅威は人の居住環境への損害である。環境への関心の次が、民間軍の回帰の阻止とテロ鎮圧のための国境を越えた行動と組織への増大するニーズである。

小さいグループが効率的に巨大な国にも身代金を払わせることができるため、テロは大きな脅威である。核爆弾は容易に主要都市のロッカーや郵便受けに入り、遠隔操作で爆発でき、同様に何千人もの人を殺し、大都市の上水道を汚染させ、住むことができないようにするのに十分な炭疽菌の胞子を含む細菌爆弾も可能である。テロの脅威をコントロールするために必要なものは国を越えた行動である。必要な機関の構想はなお我々の先にあり、その開発には時間を要する。政府がそのような機関への従属とそれら(機関)の意思決定を受け入れるには、大惨事が必要かもしれない。

ソース:The Daily Drucker 23 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 地方公共団体の長の株式会社の代表取締役への責任追及を行わないことが、違法に財産の管理を怠る事実に該当しないとされた例 | トップページ | 情報公開訴訟で消費者庁が行った不開示決定が取り消された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「政府の新たな課題」:

« 地方公共団体の長の株式会社の代表取締役への責任追及を行わないことが、違法に財産の管理を怠る事実に該当しないとされた例 | トップページ | 情報公開訴訟で消費者庁が行った不開示決定が取り消された事例 »