« 国税徴収法違反事件について、原審の再審開始棄却決定を取り消して再審開始決定をした事例 | トップページ | 信託契約の受託者が所有する複数の不動産の固定資産税に係る滞納処分としてされた、信託財産である土地とその上にある固有財産である家屋に係る賃料債権の差押え(適法) »

2017年1月 4日 (水)

「廃棄」

有効なエグゼクティブは多くの物事を有効に行わなくてはならないことを知る。そして、彼らは集中する。エグゼクティブの努力の集中のための第1のルールは、生産的でなくなった過去から脱却することである。一流のリソース、特に希少な人の力にを即座に引き抜き、明日への機会に従事させる。リーダーが昨日から脱却できなければ、明日を創ることもできない。

体系的で意図的な廃棄がなければ、組織は出来事に乗っ取られる。最高のリソースを行うべきでなかったことやもはや行うべきでないことに浪費する。その結果、生じる機会を開拓するのに必要なリソース、特に有能な人々を欠く。ほとんどの事業は昨日から脱却しようとせず、その結果、明日のために使えるリソースを欠く。

ソース:The Daily Drucker 5 January.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 国税徴収法違反事件について、原審の再審開始棄却決定を取り消して再審開始決定をした事例 | トップページ | 信託契約の受託者が所有する複数の不動産の固定資産税に係る滞納処分としてされた、信託財産である土地とその上にある固有財産である家屋に係る賃料債権の差押え(適法) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「廃棄」:

« 国税徴収法違反事件について、原審の再審開始棄却決定を取り消して再審開始決定をした事例 | トップページ | 信託契約の受託者が所有する複数の不動産の固定資産税に係る滞納処分としてされた、信託財産である土地とその上にある固有財産である家屋に係る賃料債権の差押え(適法) »