« 柔道整復師の施術・指示の過失が否定された事例 | トップページ | かつて同じ法律事務所に所属した弁護士等が相互に不法行為責任を追及する等した事案 »

2017年1月31日 (火)

「境界を越える」

100年ごとに鮮明な変化が起きる。我々は「境界」を越える。数十年内に、社会は自身(世界観、基本的価値、社会的/政治的構造、技術、鍵となる組織)を再整理する。50年後、新たな世界がある。変化の後に生まれた人々は、祖父母が生き、両親が生まれた世界を想像することもできない。

しかし、今日の基本的変化、30年前に明らかになった新たな現実は、始まりにすぎず、完全なインパクトはこれからである。 それらは(大小を問わず)事業の世界的再編、合併、企業の一部(子会社)売却、提携の基礎となる。(米国ではほとんど完了したが、日本とヨーロッパでは初期のステージである)世界的な労働力再編の基礎となる。教育(特に高度教育)における基本的イノベーションの必要の基礎となる。これらの現実は政治家、エコノミスト、学者、事業家そして組合のリーダーが、今日関心を向け、本を書き、語る問題とは異なる。

ソース:The Daily Drucker 1 February.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 柔道整復師の施術・指示の過失が否定された事例 | トップページ | かつて同じ法律事務所に所属した弁護士等が相互に不法行為責任を追及する等した事案 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「境界を越える」:

« 柔道整復師の施術・指示の過失が否定された事例 | トップページ | かつて同じ法律事務所に所属した弁護士等が相互に不法行為責任を追及する等した事案 »