« 離婚給付等契約公正証書に基づく離婚前の債権差押命令申立ての事案 | トップページ | 柔道整復師の施術・指示の過失が否定された事例 »

2017年1月30日 (月)

「機能する社会」

機能する社会は、常に、社会秩序の有形の現実を組織できなくてはならない。それは、物質的な世界を支配し、それ(物質的な世界)を個人にとって有意義で理解できるものとし、正当な社会的/政治的力を確立しなくてはならない。

社会は、個々のメンバーに社会的地位と役目を与えない限り、そして決定的な社会的力が正当なものでない限り、機能し得ない。前者は社会生活の基本構造(=社会の目的と意味)を確立する。後者は構造の中の空間を形成し、社会を具体的なものとし、その機関を創る。個人が社会的地位と役目を与えられなければ、社会は存在し得ず、目的なく空間を飛ぶ社会の原子の集団があるに過ぎない。力が正当なものでなければ、社会組織は存在し得ず、隷属か惰性によりまとめられた社会的真空があるにすぎない。

ソース:The Daily Drucker 31 January.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 離婚給付等契約公正証書に基づく離婚前の債権差押命令申立ての事案 | トップページ | 柔道整復師の施術・指示の過失が否定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「機能する社会」:

« 離婚給付等契約公正証書に基づく離婚前の債権差押命令申立ての事案 | トップページ | 柔道整復師の施術・指示の過失が否定された事例 »