« 「マネジメント:中心的な社会的役割」 | トップページ | 「社会の目的」 »

2017年1月17日 (火)

「機能する組織社会」

全ての先進国の社会は、ほとんどの社会的課題が組織により行われる組織社会となった。組織はそれ自身のために存在しない。それらは手段であり、社会的課題を遂行するための社会の器官(organ)である。組織の目的は個人と社会への特定の貢献である。従って、そのパフォーマンスのテストは、生物的組織体と異なり、常にその外にある。これは、各団体にとっての「パフォーマンス」が何を意味するのかを知らなくてはならないことを意味する。

組織はその目的を明確に定義するほどより強くなる。そのパフォーマンスを評価できる判断基準と測定があれば、より有効となる。その権威を厳密にパフォーマンスによる正当性に置けば、より正当なものとなる。「その果によりて彼らを知しるべし」は、新たな多元的組織社会の基本的・構成的原理である。

ソース:The Daily Drucker 18 January.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「マネジメント:中心的な社会的役割」 | トップページ | 「社会の目的」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「機能する組織社会」:

« 「マネジメント:中心的な社会的役割」 | トップページ | 「社会の目的」 »