« 「組織の精神」 | トップページ | 花押を書くことが民法968条1項の押印となるか(否定) »

2017年1月15日 (日)

「マネジメントの役目は結果を出すことである。」

マネジメントは経営する組織を指導しなくてはならない。組織のミッションを考え、目標を設定し、組織が貢献しなくてはならない結果のためにリソースを組織しなくてはならない。マネジメントは、実際、J.B.Sayの「企業家」であり、最大の結果と貢献に向けたヴィジョンとリソースの指示に責任をもつ。

これらの基本的役目の遂行において、マネジメントはあらゆるところで同じ問題に直面する。それは、生産性のために仕事を組織しなくてはならない。労働者を生産性と達成に向けて導かなくてはならない。会社の社会的インパクトに責任をもつ。何より、経済的パフォーマンスであれ、生徒の学習であれ、患者のケアであれ、各組織の存在目的のために結果をだす責任を負う。

ソース:The Daily Drucker 16 January.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「組織の精神」 | トップページ | 花押を書くことが民法968条1項の押印となるか(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメントの役目は結果を出すことである。」:

« 「組織の精神」 | トップページ | 花押を書くことが民法968条1項の押印となるか(否定) »