« 変形労働時間制がその要件を満たさず適用がないとされた事例 | トップページ | 公訴権の濫用は否定したが、刑が免除された事案 »

2017年1月12日 (木)

「マネジメントとリベラルアーツ」

マネジメントは、伝統的に呼ばれていたリベラルアートである。それは知識の基礎、自己認識、知恵及びリーダーシップを扱うため「リベラル(一般教養)」であり、実践と適用を扱うため「アート(技能)」である。マネジャーは(心理学と哲学、経済学と歴史、自然科学と倫理学についての)知識と人の洞察と社会科学の全てを利用する。しかし、彼らは、この知識を、(病気の患者の治療、生徒への教授、橋の建設、「ユーザーフレンドリーな」ソフトウェアプログラムのデザインと販売についての)有効性と結果に集中させなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 13 January.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 変形労働時間制がその要件を満たさず適用がないとされた事例 | トップページ | 公訴権の濫用は否定したが、刑が免除された事案 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメントとリベラルアーツ」:

« 変形労働時間制がその要件を満たさず適用がないとされた事例 | トップページ | 公訴権の濫用は否定したが、刑が免除された事案 »