« 「社会的次元としての経済」 | トップページ | 水俣病認定事例 »

2017年1月22日 (日)

「個人の徳と公共の福祉」

国や企業にとって良いことをなすには、①ハードワーク、②際立ったマネジメントスキル、③高いレベルの責任そして④広い視野が必要である。それは完全な助言である。それを完全に実行するには基本元素を純金に変える賢者の石を必要とする。しかし、マネジメントがリーディンググループであろうとするなら、このルールを行動の指針とし、意識的にそれに従って行動するよう努力し、(相当なレベルで)実際にそうしなくてはならない。
良い、道徳的な、永続する社会では、公的な善は常に個人の徳に依拠する。全てのリーディンググループは公的な善が自身の関心を決めると言えなくてはならない。この宣言はリーダーシップにとって唯一の正当な基礎であり、それを現実にすることがリーダーの第1の職務である。

ソース:The Daily Drucker 23 January.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「社会的次元としての経済」 | トップページ | 水俣病認定事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「個人の徳と公共の福祉」:

« 「社会的次元としての経済」 | トップページ | 水俣病認定事例 »