« 「未来を突きとめる」 | トップページ | 笹子トンネル事件 »

2017年1月 2日 (月)

「マネジメントは不可欠である」

マネジメントは、おそらく西洋文明が続く限り、基本的で支配的な機関であり続ける。マネジメントは、産業システムがその生産リソース(人と資源の双方)を委ねなくてはならない、近代産業システムの特性と近代事業会社の必要性に基礎を与えられるだけでない。マネジメントはまた、近代西洋社会の基本的信念を表す。それは経済的リソースの体系的組織を通じて人の暮らしをコントロールできるという信念を表す。それは、経済変化が人類の改善と社会正義への最も強力なエンジンとなり得るという信念、そして、ジョナサン・スウィフトが300年前に誇張して言ったように、それまで1葉しか育たなかった場所で2葉を育てる人は、思索的な哲学者や形而上的体系家よりも価値があるという信念を表す。

特にリソースを生産的にすべき社会の機関であり、組織的経済発展に責任があるマネジメントは、それゆえ、近代の基本的精神を反映する。それは、実際、不可欠であり、一旦作られれば、抵抗なく素早く成長する理由である。

ソース:The Daily Drucker 3 January.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「未来を突きとめる」 | トップページ | 笹子トンネル事件 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメントは不可欠である」:

« 「未来を突きとめる」 | トップページ | 笹子トンネル事件 »