« 「競争力のためのベンチマーキング」 | トップページ | 「成功する買収の6つのルール」 »

2016年12月 9日 (金)

「リソースの割当て」

資本と実行者の割当てはマネジメントが事業について知る活動となり、組織が上手くいくかどうかを決める。組織は、資本の割当てと同じように、人的資源を、目的をもって、よく考えて割当てるべきである。資本投資を理解するために、会社は4つの基準を見なくてはならない。①投資に対する収益、②(投資額の)回収期間、③キャッシュフロー、④割引現在価値である。それぞれは、エグゼクティブに将来の資本投資について異なるものを伝える。それぞれは異なるレンズを通して、投資を見る。意思決定者は、資本投資を単独ではなく、プロジェクトのクラスタの一部として評価すべきである。そこで、機会とリスクの最高の比率を示すクラスタを選ぶべきである。資本支出の結果は、事後監査手続で、期待に対して評価されるべきである。その手続で集められた情報は、将来投資についての意思決定のために用いられ得る。

雇用、解雇、昇進の決定はエグゼクティブの最も重要な決定である。それらは資本割当決定より難しい。組織は人についての意思決定のための体系的プロセスを持つ必要があり、それは資本についての判断と同じく厳格であるべきである。エグゼクティブは期待に対して人々を評価する必要がある。

ソース:The Daily Drucker 10 December.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「競争力のためのベンチマーキング」 | トップページ | 「成功する買収の6つのルール」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「リソースの割当て」:

« 「競争力のためのベンチマーキング」 | トップページ | 「成功する買収の6つのルール」 »