« 「新たな企業家」 | トップページ | 均等の5要件の主張立証責任、第1要件、第5要件 »

2016年12月 3日 (土)

「コストと価値の情報」

基本的な構造的情報は顧客のために創造される価値とそのために使用されるリソースに焦点を置く。会計の概念と道具は今、最も基本的変化の苦しみにある。新たな会計の道具は、単に取引の記録の異なる視点にとどまらず、事業は何か、結果は何かについて、異なる概念を表す。そして、開発研究室のリサーチマネジャーのように、会計の仕事から離れたエグゼクティブも、会計におけるこれらの変化に表される基本的理論と概念を理解する必要がある。これらの新たな概念と道具は、活動ベース原価計算、価格主導原価決定、経済チェーン原価計算、経済的付加価値及びベンチマーキングを含む。

活動ベース原価計算は顧客が実際に製品を購入するまでの、製品やサービスの全てのコストを報告し、コストと価値を1つの分析に統合する基礎を提供する。

ソース:The Daily Drucker 4 December.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「新たな企業家」 | トップページ | 均等の5要件の主張立証責任、第1要件、第5要件 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コストと価値の情報」:

« 「新たな企業家」 | トップページ | 均等の5要件の主張立証責任、第1要件、第5要件 »