« 司法書士の本人・実印・書類等の確認義務違反(否定) | トップページ | 「悪魔の復帰」 »

2016年12月24日 (土)

「流行と関係ないキルケゴール」

私の仕事は完全に社会にあった。しかし、私は、同時に、1928年に遡れば、私の人生は完全に社会ではなく、社会を超越する存在的次元を持たなくてはならないことを知った。私の仕事は、まだ、完全に社会にあるが、このキルケゴールについてのエッセイは例外である。

キルケゴールの信仰は、恐ろしい孤独、人の存在の孤立と不調和を克服することはできないが、それを意味あるものとすることで、耐えうるものにできる。全体主義者の信条の哲学は人を死ぬことができるようにする。その哲学を過小評価することは危険である。悲しみと苦しみ、破滅と恐怖の時に死ぬことができることは偉大である。しかしそれは十分ではない。キルケゴールの信仰もまた、人が死ぬことができるようにする。しかし、それは、人が生きることができるようにもする。信仰は神において不可能は可能であり、時と永遠(来世)は1つであり、生と死は意味があるという信念である。信仰は、人は被造物であり、自律的でなく、主人でなく、目的でなく、中心でもないが、責任と自由があるという認識である。それは、「死に向かう時」ですら、神がともにいるという確信により克服される、人の本質的な孤独の受け入れである。

ソース:The Daily Drucker 25 December.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 司法書士の本人・実印・書類等の確認義務違反(否定) | トップページ | 「悪魔の復帰」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「流行と関係ないキルケゴール」:

« 司法書士の本人・実印・書類等の確認義務違反(否定) | トップページ | 「悪魔の復帰」 »